催眠療法とは、最新の心理療法のことを言います。アメリカではカウンセリングによく使われていて、自分の中に眠る潜在意識に働きかけて悩みなどを解決していくのです。人間の意識の中には、顕在意識と潜在意識があって、催眠療法はこの2つの意識がリンクした状況で行うので催眠状態になっても意識がはっきりしているため、意識を失ったりやりたくないことを無理やりやらされたりすることがないため、安心して行うことができるカウンセリングなのです。催眠療法では、心の緊張が解けて自分の中の内面に集中することによって潜在意識の中で悩みや問題を紐解くヒントを見つけることができるのです。催眠療法によって、今までとは違う視点から自分自身を振り返ることができて、本来持っている自信などに気づけてしっかりと人生を歩むことができるのです。

催眠療法の効果を事例から読み説きます

パニック障害がある人に催眠療法を行うときには、前世まで潜在意識を戻すことからはじめます。事例での患者さんは、パニック障害で歯医者に行く事ができない人でした。前世を辿っていくと親の決めた結婚で好きでもない人と結婚させられていやいや結婚生活を送っていたところパートナーがカッとなって首を絞めてしまう殺人未遂にあっていたのです。患者さんの前世は、そのことに耐えられなくて亡くなってしまったのです。このときの恐怖心や息苦しさが歯医者でするエプロンとリンクしたため、歯医者に行けない原因のひとつとなっていたのです。パニック障害が悩みで催眠療法を受けた患者さんは、前世での経験が原因だとわかるとそれ以降症状が出なくなります。このようにパニック障害など心理的な問題において催眠療法は、とても効果的なのです。

催眠療法を受けるに当って大切なこと

催眠療法で問題や悩みを解決したいときに、大切なのは、信頼関係です。患者さんと先生との間に信頼関係が成立していないと思った効果を得ることができません。催眠療法に入る前に世間話をして緊張をほぐしながら患者さんの情報を得たりするため思いのまま素直に答えるとよい結果を得ることができます。催眠療法を受けるには、何の条件もないので、受けたいと思ったときがベストな状態になって、どんな人でも悩みを解決したい人なら受けることができます。しかし、基本的に誰でも催眠療法を受けることができるのですが、受けられない人もいます。それは、診療内科、精神科に通っている人、体調が優れない人、アルコールを摂取している人などです。催眠療法は、内面の潜在意識に働きかけるのでかかりにくい人もいます。かかりにくい人は、信頼していなかったり、自分のことを話したくなかったり、この治療法に疑問を抱いているとかかりにくいのです。

他社との違いとしては、催眠療法という独自の分野で原因から問題を解決へと導いていく問いうことになっています。 私たちが運営しているこちらの店には、さまざまな雑誌に私たちのお店の広告を出しているという実績があります。 サービスの概要は催眠療法でなりたい自分になり、瞑想法によってそれを自分自身でキープできるように心身を整えていくことです。 催眠療法を行うメリット