催眠療法というのは、人間の催眠状態を利用した療法で最新の心理療法の一つです。日本ではあまりなじみがないかも知れませんが、外国特にアメリカなどでは、カウンセリングなどと同様ごく一般的に利用されています。普段は閉じられている人間の潜在意識の中へ催眠誘導と呼ばれる方法を用いてアクセスし、そこへと注意して意識を向けていく心理療法です。通常の状態ではアクセスする事ができないのが人間の潜在意識なので、そこへと特別にアクセスして普段の心理状態では解決できない心理的な問題や、自己の成長を促す事を主な目的としています。そもそも人間の意識というのは顕在意識と潜在意識との二種類に別れています。通常に自覚している状態の事を顕在意識と言い、意図的に起こす行動や思考などをつかさどっています。

催眠状態でリラックスして行うのが催眠療法

催眠状態というと、テレビなどで見る自分の意志とは全く違うところで動いてしまうイメージ、というのが先行しがちですが実際はそうではありません。催眠状態になっても顕在意識が失われるわけではないので、自分の意志でセラピーを受けている間も動いたり話したりする事が可能です。顕在意識と潜在意識の両方が上手くリンクした状態が、セラピーでいう所の催眠状態です。この状態を作り出し行われるのが心理療法となります。セラピストの催眠誘導により心と身体に深くリラックスした状態へと導いていく、そうする事で普段の状態では知る事ができない自分自身の悩みなどと向き合う事ができるようになります。催眠状態になると自分でも認識していなかった潜在意識の中の記憶へとアクセスできるので、そこでどの様な記憶が作られていてどの様な作用をもたらしているのかが分かります。

催眠療法による効果はどの様なものか

催眠療法というのは、人間の催眠状態を利用した療法で最新の心理療法の一つです。日本ではあまりなじみがないかも知れませんが、外国特にアメリカなどでは、カウンセリングなどと同じように一般的に利用されています。催眠誘導と呼ばれる方法を用いて、普段は閉じられている人間の潜在意識の中へとアクセスし、そこへと注意して意識を向けていく心理療法です。通常の状態ではアクセスする事ができないのが人間の潜在意識なので、そこへと特別にアクセスして普段の心理状態では解決できない心理的な問題や、自己の成長を促す事を主な目的としています。そもそも人間の意識というのは顕在意識と潜在意識との二種類に別れています。通常に自覚している状態の事を顕在意識と言い、意図的に起こす行動だったり思考などを司っています。